マレーシア・クアラルンプールへの親子留学を完全サポート!

わかる!親子(母子)留学

  • HOME »
  • わかる!親子(母子)留学

親子留学をするとどうなる?

母子留学

子ども
現地のインターナショナルスクールに通うことで、英語を学ぶのではなく、英語で学ぶレベルの英語力が身につきます。また世界標準の思考能力、国際的な人脈形成を育成されるため、将来グローバルスタンダードに生き抜く力が養われます。
親子留学

親(お母さん)
生活環境が一変して新鮮な毎日を送ることができるでしょう。話す言葉も変わり、今までにない経験したことのない、刺激的な生活が始まります。開放的な海外生活の中で、お子さんの世話をするだけではなく、自分自身も新しいことにチャレンジし、お子さんと一緒に自分も成長することができます。

留学生活の1日(例)

6:00
朝食を食べて、登校の準備をしてスクールバスのお迎えを待ちます。
7:30
家の前まで迎えに来るスクールバスに乗車。様々な国のお友達とインターナショナルスクールへ出発。
9:00
メイドさんが出勤してくる時間です。掃除・洗濯などの指示をして、その日の家事は終了。※日本のお手伝いさんとは違い、かなり安価に雇うことができます。
11:00

ペナンへの親子留学

子ども
キャンティーンと呼ばれる学食で昼食を買います。学校によっては、給食のように日ごとに決められた昼食があるところもあります。

スキルアップを目指し、語学学校で英語を勉強します。語学学校がたくさんあるので、英語が話せない人向けの学校も、比較的安くで学ぶことができます。他の日本人とコミュニケーションを取ったり、情報収集のためにランチ会やお茶会に参加。日本人コミュニティでテニスやゴルフなどのサークル活動が盛んに行われています。日々の生活の疲れを癒すため、マッサージやエステ、ネイルサロンに行くのもオススメです。あらゆるサロンの費用も日本に比べて格段に安いので、気軽に利用できます。
14:00
子ども
インターナショナルスクールでの授業終了後、英語力が不足しているお子さんはELSへ。(ELS…英語補修クラス)CCA(部活動のようなもの)がある日はスイミング・バドミントン・テニス・パソコンなどの部活動を行います。下校は登校時と同じくスクールバスに乗って帰宅します。
16:00
子ども
自宅についた後は習い事へ行きます。公文式や英語塾、日本語補修塾などが一般的な習い事です。


メイドさんと一緒にスーパーで夕食の買い出しをします。イオンなどの日系スーパーがあり、日本食材も入手できます。お子さんが習い事の日はお迎えの後、地元のレストランで夕食を食べることも多いです。外食が一般的な地域では日本に比べて格段に飲食代が安いので、毎日外食で済ませても食費を圧迫することはありません。

19:00

親子留学の方法

再び帰宅後、シャワーを浴び、団欒の時間。ケーブルテレビで放送されているNHKニュースなどを見ながら、今日の出来事などを家族で会話。学校で出されたホームワーク(宿題)をしっかりやって、明日の準備をします。※現地ケーブルテレビと契約すればNHKワールドプレミアムなどで日本のニュースなどを視聴することができます。
21:00
就寝

TEL 0120-345-559 運営会社/荒木隆事務所
受付時間 9:00 - 18:00

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.